Kaj Larsen

カリフォルニア州サンタクルーズに生まれ、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で政治学の学位を取得。ハーバード大学ケネディ行政大学院で公共政策の修士号を取得。ハーバード大学では、Shorenstein Center for Press, Politics, and Public Policyからフェローシップを授与された。また、タフツ大学ジェブセンセンターのテロ対策研究所の共同研究員でもある。専門は、国際安全保障政策、メディア政治、政治問題。起業家、慈善家、受賞歴のある映画製作者・特派員でもある。軍関係者の資産形成を支援するフィンテック投資プラットフォーム、ギルド・フィナンシャルの共同設立者でもある。

映像作家としては、Netflixのオリジナルシリーズ「The Business of Drugs」を制作・製作し、全米No.1のストリーミング番組としてデビューした。また、HBOのエミー賞受賞シリーズ「VICE」のホストを務めたこともあります。VICEでは、紛争や国家安全保障に関するドキュメンタリーを制作している。ナイジェリアのボコ・ハラムとの戦いに参加した唯一のジャーナリストであり、CIAの尋問強化プログラムの立案者に初めて独占インタビューを行い、長編映画『The Report』となった。CNNの特派員として、CNNの特別調査およびドキュメンタリー・ユニットの一員でもあった。10年以上にわたってモガディシュに滞在した最初の西洋人テレビジャーナリストとして、ソマリアに関するメディアの沈黙を破った。その後、パキスタン、イエメン、カンボジア、コロンビア、西アフリカ、ラテンアメリカなど、世界各地の紛争地帯や紛争地からリポートしている。メキシコの麻薬戦争からパキスタンの大洪水まで、さまざまなテーマを扱った長編ドキュメンタリーを制作。紛争地域、国家安全保障、刑事司法など、困難で危険なテーマを現地で深く掘り下げる報道が特徴。

大胆な取材とパワフルな映像制作で、新しい放送ジャーナリズムの先駆けとなっている。ABC、NBC、MSNBC、CNNなど他のメディアにも頻繁に出演している。政治と公共政策に関する日刊番組「The Current Election」の上級特派員兼司会者でもある。プロデューサーとしては、Spike TVの1時間スペシャル番組「US Navy Pirate Hunters」や、MSNBCで放送されたアメリカの刑務所での生活を描いた「LOCKUP」などのヒットシリーズを制作している。HBOの大ヒットシリーズ「ニュースルーム」では、アーロン・ソーキンのプライベート・コンサルタントを務めた。彼の作品は、エミー賞2回、ピーボディ賞1回、テリー賞2回、ゴールデン・シネ賞数回など、高い評価を受けている。

テレビで活躍する前は、米海軍特殊部隊で5年間、現役で活躍した。中尉として特殊戦部隊のチームを率い、分遣隊長として海外での秘密作戦に参加し、世界的なテロとの戦いを支援した。最後の予備役として、ラーセン中佐はアフリカ特殊作戦司令部の海軍特殊戦分遣隊を立ち上げ、アフリカ大陸での複数の低強度紛争を支援するために派遣されました。

オープンウォータースイミングの全米チャンピオンに2度輝き、「アルカトラズからの脱出」のデュアサロンでは3位に入賞した。タイでムエタイを学ぶなど、海外での生活経験も豊富。ブラジリアン柔術の練習生でもあり、総合格闘技の試合にも頻繁に出場している。

退役軍人としての経験を生かし、「The Mission Continues」の立ち上げに携わり、5年間にわたり取締役を務めました。また、退役軍人支援団体「チーム・ルビコン・グローバル」の顧問も務めています。チーム・ルビコンを支援するため、パキスタン、フィリピン、米国に3回派遣され、人道的支援を行った。マイアミを拠点とするフォース・ブルーでは、マスター・ダイバーとサイエンティフィック・ダイバーの資格を持ち、戦闘ダイバーのスキルを海洋保全に再利用している。また、アフガニスタン、ソマリア、ウクライナなど世界各地の紛争地帯に派遣され、軍事技術を人道的努力のために再利用し続けている。

We use cookies on this site to enhance your user experience.

By clicking any link on this page you are giving your consent for us to set cookies. Learn More