グローバル・エンパワーメント・ミッションは、世界的な災害への初動対応として2011年に設立された501(c)(3)の非営利団体です。

歴史上、自然災害や人道的危機は、私たちの中にある人間性を引き出してきました。人類は結束して、必要な時に仲間を支援します。

世界がよりグローバル化し、気候に関連する災害がより一般的になるにつれ、これらの危機は私たち全員に降りかかってきます。2021年だけでも、世界中で432件以上の洪水、ハリケーン、竜巻、火災が発生し、1億100万人以上が影響を受けました*。これらの災害の範囲、頻度、激しさは、しばしば時間がかかり、非効率で非人間的、そして高価である従来の救援モデルを超えてきています。官僚的な経費は、ミッションの成果を妨げ、寄付されたドルや物資の効果を最小限に抑えます。

GEMは2011年に設立され、革新的で適応性と拡張性のあるアプローチで現代の危機に真正面から取り組む、新しい災害対応モデルを通じて希望を提供しています。GEMは2011年に設立され、戦略的パートナーシップを活用し、地域住民に復興への力を与える新しい災害対応モデルです。現在までに、全米50州、世界405カ国以上でミッションを支援し、数百万人の人々に支援を提供しています。

つまり、アメリカ国内でも海外でも、災害が発生してから2日以内に現地に駆けつけるということです。現地のリーダーと連携し、迅速に物資やキャッシュカード、生活必需品を配布しています。食料、毛布、旅行券、携帯電話充電スタンド、ガソリン代、消防用品など、被災者が必要とするものは何でも、GEMは最も迅速かつ費用対効果の高い方法で提供する方法を見つけます。2017年には、ベセニー・フランケルの#BStrongイニシアチブと協力し、災害被災者に制限のないキャッシュカードを供給し、個々の重要なニーズを満たすために貴重な存在となっています。

私たちの特徴は、物資、供給、人材のコスト対効果を最大限に高めるために、現地で活動することをいとわないことです。GEMは、従来の災害支援モデルを覆し、総合的なモデルで人々に力を与えることを目指しています。私たちは、災害救援、復興支援、持続可能な開発のために必要な期間、その国や地域に留まります。これにより、現地のインフラを整備し、訓練を受けたステークホルダーが撤退後に自分たちのプロジェクトを運営できるようにします。

何百ものミッションを経験し、2億4,300万ドル以上の援助物資を配布した経験から、私たちは効果的なプロセスを構築してきました。現在では、アメリカ西部、グアテマラ、ポーランド、ウクライナの5つの配送拠点と、アメリカ・フロリダにあるグローバル本部のネットワークを構築し、物資の保管と配送の準備を行うまでに成長しました。危機を未然に防ぐことはできませんが、危機を打開するために煩雑で費用のかかるモデルを永続させることをやめ、人々に力を与え、長期的に経済を活性化させることによって迅速かつ効率的に対応するモデルへとシフトすることは可能です。

私たちの活動は、寛大な寄付者とボランティアの方々によって支えられており、心から感謝しています。

アフリカ・モザンビークで浄水器を配布するGEM創業者のマイケル・カポーニ氏。