ダヌシュカ・カポーニ

ベルギー人の両親を持ち、南フランスで生まれたダヌーシュカ・カポーニ・オメールは、幼い頃から恵まれない人々を助ける家族の姿に感化されていました。父親のジャン・オメールは、ベルジッヒ・ラベンスブルック強制収容所でホロコーストを生き延びた女性たちを救出し、慰めるための組織を作りました。母親は、ブリュッセルのスラム街に住む貧しい子どもたちに食料と援助を提供する「Les Petits Riens」という団体に参加していた。彼女はよく彼らの活動に参加した。その後、ヨーロッパとアメリカで学び、夫のフェフォとマイアミに移住した後、マイアミ・レスキュー・ミッションに参加し、女性と子どものための共同組織「ガールフレンド・フォー・ガールフレンド」の創設メンバーでもある。

息子のマイケル・カポーニと共に、大地震直後のハイチの人々を救い、支援するために、ハイチとマイアミの両方でハイチ・エンパワーメント・ミッション(現GEM)という新しい非営利組織を立ち上げました。彼女は主に学校教育や住宅プロジェクトに携わり、現在も食料、福祉、教育プログラムの支援を行っています。

90年代初頭から、国内外の気候変動対策や自然保護・動物保護に取り組む複数の団体に参加。

現在、マイアミのバリー大学でいくつかのミニストリーに携わり、セント・ジョセフ教会の長年のメンバーであり、マイアミ大司教区の開発プログラムの役員も務めています。

彼女は、団結と友愛を信じています。彼女のモットーです。

"they "も "us "もない、"us "しかない」。

We use cookies on this site to enhance your user experience.

By clicking any link on this page you are giving your consent for us to set cookies. Learn More