チャールズ・A・フォービン

ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカット、ペンシルバニアで6年間、ハイチ共和国の前総領事として、誇りを持って国に尽くした。総領事としての任務は、自国の文化を広め、祖国に投資を呼び戻し、管轄区域内のハイチ人コミュニティと協力することであった。また、この6年間にカリコム領事団の議長に2度選出されました。カリコムはカリブ海の島々のための政治組織である。カリコムはカリブ海の島々の政治組織で、彼はその地域で多くの素晴らしい人脈を築いた。

ハイチ総領事になる前は、One World Telecom社で電気通信に携わり、セールスマンとしてスタートし、トライステート地域(ニューヨーク、ニュージャージー、CT)の地域ディレクターになりました。そのおかげで、ハイチ大統領は安心して私を総領事に指名してくれたのです。

他の政治任用と同様に、2016年7月に任期が終了した。

その後、ハイチ元首相の首席補佐官となる。

フロリダに戻り、パームビーチ・コミュニティ・カレッジとフロリダ国際大学で学び、コンサルティング会社とマルチサービス会社を設立しました。

チャールズ・A・フォービンは、常に偉大な財団で働くことを望んでいました。それは、人々に奉仕し、人々を助けるという彼のDNAの中にあるものです。

チャールズ・A・フォービンの言葉:「我々の国旗には、United we are strongと書かれている。絶望的な時だけでなく、日々団結していかなければならない。ハイチは共にこの苦難を乗り越えよう"

5歳の男の子の父親として、チャールズは息子に偉大な人道主義者になる方法を教えているのです。

その他のチームメンバー

GG HeadShot Closeup 2018
Gary M. Goldfarb
カジ
バシュ・カジ
a16eda1fb36084b23e0e634071374b26
クロディーヌ・デ・ニーロ
Kaj Larsen
Kaj Larsen
53c4b0d8-2c91-4439-93cc-ab18b7b3efc4
ビアンカ・ブカラム
ジャミラ・ソザッダ
ジャミラ・ソザッダ