ジャミラ・ソザッダ

Jamila Sozahdahは、カリフォルニア州ロサンゼルスで起業し、医師免許を取得した医師アソシエイトです。ジャミラは、南カリフォルニアの様々な外傷センターやERセンターで10年以上の医療キャリアを積んできました。様々な病気のプロセスに触れ、治療する中で、慢性的な症状に悩む患者のために代替医療を発見する方法を模索するようになりました。2015年、ジャミラは北カリフォルニアと南カリフォルニアのコミュニティーに健康とウェルネスを提供する活動を開始した。ビタミン点滴療法、アンチエイジング、幹細胞を利用した再生医療を中心に診療を行っている。 ジャミラの先駆的な活動は、様々なローカルニュースチャンネルやフォーブス、ヴァニティ・フェア、ピープルなどの出版物で紹介されています。彼女の情熱と人体や行動に関する豊富な知識は、人々が優れた健康、活力、そして心・体・精神の最適な機能を維持することを可能にしているのです。

 

アフガニスタン出身の難民の両親のもとに生まれ、10人兄弟の7番目として生まれる。12歳の時に父親を亡くしたことをきっかけに、世界中の災害で最も弱い立場にある難民の意識を高めることに情熱を注ぐようになる。また、非営利団体の顧問を務め、女性の教育やエンパワーメント、環境・健康プログラムなどの草分け的な役割を担ってきた経験もあります。

We use cookies on this site to enhance your user experience.

By clicking any link on this page you are giving your consent for us to set cookies. Learn More