ジョナサン・グリーンウォルド

グリーンウォルドの初期のキャリアは、いくつかの主要な先物取引所や店頭市場で大手デリバティブマーケットメイキング会社の創設者兼マネージングディレクターを10年以上務め、当時オーストラリア最大の天然資源会社の一つであったエルダーズIXL社とのジョイントベンチャーを成功させたことなどから始まります。CME、NYMEX、COMEX、CSC、NYCE、NYFEの各取引所でメンバーとして、また活発なトレーダーとして活躍してきました。トレーディングとフィンテック関連ビジネスで成功した後、Greenwaldは通信とクラウドベースのトランザクション・プラットフォームに焦点を当てた活発なベンチャーキャピタリストとなった。ウォール街を拠点とするこの経歴により、彼はポートフォリオ資産を積極的に管理し、新たな技術革新を導入することが可能になりました。

コロンビア大学で金融を専攻し経営学修士号を、イサカカレッジで金融と経営学の理学士号を取得しました。また、イスラエル有数の大学の関連団体である米国テクニオン協会や、その他いくつかの非営利の教育イニシアチブに所属しています。

グリーンウォルドは同僚から「献身的で、機知に富み、優秀な人材」と呼ばれ、これらの価値観がコア・アセット・グループ、テニアン・システムズ、ICフォーミュレーション、GREENPOWER WTE、TGFIFにおける彼の経営戦略の原動力となっているのです。グリーンウォルドは、フロリダ州マイアミに10代の娘と在住しています。

We use cookies on this site to enhance your user experience.

By clicking any link on this page you are giving your consent for us to set cookies. Learn More