ムラリ・ドレイスワミ博士

ムラリ・ドレイスワミ博士は、デューク大学教授で、神経認知障害プログラムのディレクターであり、脳の健康、認知神経科学、心身医学の分野における主要な医師・科学者である。また、脳科学が社会の大きな課題の解決にどのように貢献できるかを探るデューク大学脳科学研究所のメンバーでもある。また、デューク大学の加齢・人間発達研究センターでシニアフェローを務めている。また、主要な政府機関、支援団体、企業の顧問を務め、地域社会への貢献に対して議会の特別表彰を受けるなど、多くの賞を受賞しています。人気書籍「The Alzheimer's Action Plan」の共著者でもあります。Men's Health MagazineやAARP Magazineの脳の健康アドバイザーであり、Wall Street Journalの健康専門家のパネルにも名を連ねています。

We use cookies on this site to enhance your user experience.

By clicking any link on this page you are giving your consent for us to set cookies. Learn More